住宅ができあがるまで
知りたい工法・構造の話
住まいと環境の話
スタイルについて

お問い合わせはこちら





住宅ができあがるまで

ヒヤリング
どんな家がほしいのか… どんな生活がしたいのか… 私たちとともに夢を語り合いましょう。そしてその結論を私どもにお伝えください。

敷地調査
敷地状況、関連法規の確認を行い、希望の建物が建築可能か調査します。

プレゼンテーション
ヒヤリングの結果に基づいて、夢をかたちにする基本プランのご提案をいたします。

設計契約
基本プランに賛同いただけたら、設計契約を行い、より詳細部分までプランニング及び設計を行います。

基本設計
基本プランに基づいて、より詳しい、施主の希望・条件・予算等を考慮し、基本設計に入ります。
互いが納得の行くまで間取り・意匠について協議打ち合わせを行います。

実施設計
基本設計が決定したら実施設計へと入ります。間取り・意匠はもちろんのこと構造・設備等も決定しますのでここからの変更は難しいものとなります。しかし色々な状況により、ここから基本設計にもどる事もあります。

実施設計に基づく見積及び建築会社の選択と契約
まずは実施設計に基づく見積を行い、ご報告します。その後、建築会社を選択し、施工契約を結びます。

確認申請
確認申請は2007/6/20の法改正により時間が大分かかる様になりました。場合によっては3ヶ月ほどかかる事もあります。そうした役所への届け出をクリアし、いよいよ着工となります。

着工・施工監理
着工となり同時に施工監理がはじまります。基礎・柱・梁など重要な部分の詳細な検査を工事の進捗状況に応じて検査を行っていきます。

完成検査
完成検査では主に収まりの悪さ、小さな傷等、内外装に関わる部分の検査が中心となります。また大きな部分の検査は施工監理の途中において常に行っています。問題があれば手直し工事を行い、その後引き渡しとなります。

以上が住宅が出来るまでですが、これで施主と設計者のお付き合いが終わったわけではありません。毎日の生活の中で不都合な部分も出てきます。その様な場合にはいつでも対応する、長いお付き合いとなります。


Copyright (C) 2007 Earth Work S D Inc. All Rights Reserved.